読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イチローが実証する 「ゲン担ぎ」の重要性

イチローが実証する 「ゲン担ぎ」の重要性

 

イチローはバッターボックスに

入ってからバットを構えるまで

イチローの動作は毎回全く変わりません。

 

 

常に一定であり、

これまで何千回、何万回と

繰り返してきた儀式なのです。

 

 

 

これを何故しているのか?

あなたは考えたことはありますか?

 

 

 

今回はイチローが実証する

ゲン担ぎん重要性について

教えしていきたいと思います。

 

 

 

今回教えすることを知れば

あなたはそうです。

 

 

イチローのように

 

大事な場面でも結果を

残すことができます。

 

 

イチローのような技術がなくとも

イチローのような考え方は

誰でもやろうと思えばできます!

 

 

このことを身につけることで

あなたはピンチでリリーフに出た時や

ノーアウト満塁のピンチでも

 

 

0点に抑えることは可能です。

 

 

 

そうすればあなたは

ヒーローです!

 

 

あなたは嬉しさのあまり

マウンドで吠えてます!

 

 

 

想像するでけでも

ワクワクしてきませんか?

 

 

 

 

しかし

このことを知らなければ

 

 

 

自分の調子が悪い日などは

絶対に立て直すことは

できなくなるでしょう。

 

 

立て直さなければ

あたなはチームの試合を、

チームメイトの1日を

台無しにしてしまうことでしょう。

 

 

それが負の連鎖を招き

あなたは一回で降板する

可能性だって十分にあります。

 

 

そうなれば

チームとの仲も

悪くなってしまう一方です。

 

 

絶対嫌ですよね?

 

 

そうならないためにも

今回教えすることの重要性を知り

理解することであなたのパフォーマンスは

120%上がることに間違いありません。

 

 

 

 

それでは今回教えすることは

 

 

 

「自分の中でルーティンを作る」

 

です。

 

 

ですがルーティンという言葉は

よく聞かれる方も多いと思いますが

このルーティンがどんな効果を

もたらしてくれるかが分からないと思うので

 

 

自分のルーティンを作らない・作れない

方が多いと思います。

 

 

 

そこで今回このルーティンの重要性を

知ることができ、気づくことができれば

 

 

あなたは自分のルーティンを

見つけにいくことでしょう。

 

 

 

よくイチローが行っている動作には

とても重要な意味があります。

 

 

それは

ただたんにカッコをつけているものでも

実力不足を補う行為でもなく、

 

気持ちを高め、集中モードに

突入するための儀式なのです。

 

 

あの同じ儀式を毎回やることで

集中力が要求される作業に

入っていくことを繰り返すことにより

 

反射的に脳は集中モードになってくれます。

 

 

それが良い結果へとつながり

今の世界のイチローをつくっているのです。

 

 

 

ちなみに僕が行っていたのは

ホームから1塁に引いてある線を

必ず右足から超えていました。

 

 

そうすることで

この線を越えるたびに

 

 

「よっしゃ いくぞ!」

 

という気持ちになり

 

集中力も反射的に高まるのです。

 

 

では何をしたらいいのか?

なんでもいいです!

 

自分なりのルーティンでいいので見つけてください。

 

ぜひ試してみてこれからも

続けて欲しいです。

 

 

これがあなたの

パフォーマンスを最大限に高める

儀式へとなっていくことでしょう。

 

 

 

そしていますぐ実践して

ほしいことがあります。

 

 

あなたがどんな時に

どんな場面でルーティンを行えるか

ノートに書き出してみてください。

 

 

考えれば意外と

たくさん出てくると思います。

 

 

これがあなたのルーティンを作る

第一歩です。

 

 

まずはいますぐ書き出してみってください。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。