読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


あなたの練習効率は100倍アップ!! 超効率練習法のすすめ

テーマ:ブログ

んにちは

 

 

高校球児なら約二年半という

とても短い期間の中でどれだけ力を

つけてこれたかで勝敗が

ついてきます。

 

 

 

あなたはその二年半を

長く思えるか

短く思えるか

で大きく変わります。

 

 

では試合に勝つには

その二年半という短い期間で

どれだけ効率的に練習できているか

非常に大事になってきます。

 

 

あなたは普段、

効率よく練習をしようと

考えたことはありますか?

 

 

誰でも効率よく練習したいでしょう。

 

 

しかしどうしたら効率よく練習やればいのか?

 

 

それが具体的にわからない方が

多いい思うので

 

 

そこで僕が今回お伝えします。

 

あなたの普段の練習の効率を

100倍にまで引き上げる方法を!

 

 

 

「100倍?そんな簡単に効率が

あがるわけないじゃん」

 

と思ったあなた

考え方一つで100%変わります!!

 

 

 

僕が今回お伝えすることを

おさえることができれば

 

 

あなたは何一つ

無駄な練習をすることがなくなります。

 

 

そうなることで

あなたの練習の効率は

 

ライバルと同じメニューや練習をこなそうが

どんどん上手くなっていくことでしょう。

 

 

もしくは先輩、他校のライバルよりも

頭一つ飛び抜けた存在となり

 

みんなが憧れるような

選手にだってなれます!!

 

 

 

想像するだけでも

モチベーションが上がってこないですか?

 

 

そうなるためにも日々練習しているに

違いないと思います。

 

 

 

しかしこのことを

知らなければ

 

 

あなたの練習は

非常に効率の悪いことになり

 

 

毎日毎日練習を必死に頑張ったところで

効果はそんなに期待されません。

 

 

そうなればいつまでたっても

良い結果を出すことはできず、

 

 

 

気づけばあなたの野球人生は

終わってしまいます。

 

 

 

僕はとても「無駄なことが」嫌です。

 

無駄とは試合で使えないからです。

 

意味がないからです。

 

 

 

そのためにも

今回教えすることをこの記事で読み、

あなたの「無駄」をはぶくことで

日々効率良く練習に励んでほしいと思います。

 

 

そこであなたのために

モチベーションが上げられるよう

お伝えしていきます。

 

 

 

あなたは練習の時

調子が悪い日は

必ずありますよね?

 

 

人間なので誰だって調子が悪い日は

やる気がなくなります。

 

ネガティヴになります。

 

 

なぜかこの日はが重いとか

 

投球動作のなかであれば

球離れが早い、体重が乗ってない、

肘が下がる・・・などがあります。

 

 

しかしその傾向を知るだけでも

随分と気持ちが楽になりますし、

 

さらに修正方法が分かっていれば、

立ち直ることも可能かもしれません。

 

 

立ち直るためには日頃の練習で

調子が悪い日に、調子が悪い原因探しや、

その修正方法について

研究する必要があります。

 

 

しかし多くの方は練習で調子が悪ければ

ついつい投げやりになってしまいますよね?

 

 

ですがむしろ逆です。

 

 

「調子が悪い日はラッキーな日!」

 

なのです!

 

 

「今日はその原因探しと

修正方法をも見つけられるかもしれない!」と

 

調子が悪い日=たくさん成長できる日

 

と思うことなのです。

 

 

いかがでしたか?

 

 

あなたはその自分の課題を

見つけれる大事な日を

無駄にはしてはこなかったですか?

 

 

どんなことにも無駄はありません!

 

あなたが勝手に無駄なものにしているのです。

 

 

そして今から

今回お伝えしたことを

家族やチームメイトに

話してください。

 

 

そうすることで

あなたはアウトプットでき

より自分の中に確実に落とし込めます。

 

 

どんな形でもいいです。

LINEやSNSを使ってでもいいので

チームメイトにシェアしてください。

 

 

この文をコピーしても

写しても構いません。

 

 

今すぐです!

 

 

そうすることで

今からあなたの練習は

超効率的練習へと激変し

 

 

ものすごい力を

身につけていくことでしょう。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。