『心の野球』という本を読んで



私は元々野球信者であり、桑田真澄信者でもあります。
しかし、野球をやっていたにも関わらず、桑田真澄というピッチャーに憧れたこともなければ、凄いと思ったことも当時はありませんでしたが、1997年に怪我から復帰した際にマウンドのプレートに祈りを捧げていた姿を見てからというもの、桑田真澄信者となってしまいました。。。
そんな桑田真澄氏が手がけた本書は、現在の野球界そのものが描かれていてたり、桑田真澄氏の考え方やプロとしてのあるべき姿などが描かれており、参考になる部分や全く参考にならない部分が散りばめられ、色んな意味で面白いですw
心の野球-超効率的努力のススメ/レバレッジメモ

努力は、量ではなく質である
短時間で、効率的、合理的に積み重ねてこそ成果がある、そして、「表の努力」と「裏の努力」を両立できてこそ、努力は報われる。
すべてパーフェクト
目の前に起こったことはすべてパーフェクト。たとえ試練に遭遇したとしても、それは必然であり、乗り越えることで人は磨かれていく。
人生とは?
自分の目で見て、触れて、体験し、自分なりに咀嚼すること。
苦境を乗り越えるために
苦境は正面から見てしまうから苦境なのだ。正面からだけでなく、横からだったり、後ろからだったり、下からだったり、いろんな角度から見ると苦境も違う見え方になる。
成長は突然やってくる
練習したからといって、すぐに結果がでるものではない。毎日コツコツ努力していると、人間はある日突然、成長する。努力、努力、努力を重ねる人は、突然気づけたり、ボーンと突き抜けたりする。
どうやって起き上がるかが重要だ
飼ったとしても、きちんとしたプロセスを経てなければ価値が無い。たとえ負けたとしても、大事なのはそこからどうやって起き上がるかだ。
物事というのは、いろいろなプロセスを経て、最終的にどうなるかが決まっていく。プロセスは無限にある。人の数だけプロセスはある。山の登り方は無数にある。だから、人は誰でも、いつからでも、どこからでも、何度でも、やり直せると僕は言う。大事なのは起き上がることだ!
 
心の野球-超効率的努力のススメ/感想:まとめ

ヤクルト時代の野村監督とのやり取りが記載されている部分の心理の読みあいの話なんかは、野球経験者にはたまらない内容になっていると思います。あとはやはり清原とのやり取りだったり、あまりテレビでは流れていないような内容は、野球ファンにはたまりませんね。
中には尊敬する5人、という題名で、野球界で尊敬できる人々の名前を挙げていくのだけども、当然のことながら入れるであろうと思った長嶋茂雄氏を入れてこなかったあたりは、かなり物議をかもし出すような印象でしたw 桑田真澄氏は今後巨人にはどんな形であれ、関わらない覚悟なのか…。
本書の内容は桑田真澄氏の考え方大全集。という形なので、かなり考え方が偏っている部分もあれば、良い意味で刺激を受ける部分もあります。ただ、桑田真澄氏の考え方は科学的に古い。という印象を受けるのは、私だけでしょうか?1日10球だけのフリーバッティングでは成長しないと思うのだが…。。。
ともあれ、いろんな意味で面白い本です。

また最近出会いがない方に会える出会い系サイトも紹介してるので是非利用してください(^_^)

ちなみに無料ポイントが結構つくのでオススメですよ!

【 ワクワクメール】
http://550909.com/?f4778157

18歳未満はお断りしてます。

自己効力感とは

自己効力感とは、「自分が行為の主体であると確信していること、自分の行為について自分がきちんと統制しているという信念、自分が外部からの要請にきちんと対応しているという確信」。自己に対する信頼感や有能感のことをいいます。
簡単に言うと、何かの行為に対して「俺(私)うまくできそう!」とか「いいじゃん、自分!」などと自分自身が感じているということです。

自己効力感は、カナダ人の心理学者アルバート・バンデューラによって提唱されました。

この自己効力感は、人が行動を起こす際に大きな影響を及ぼします。人が何か行動を起こそうとするときは、その行動を「うまくできそうか」「良い結果が出そうか」をとっさに判断します。
そこで、「自分ならうまくできそう!」であれば行動を起こしますが、「多分うまくできない。」であればなかなか行動には移れません。

「きっとできる」と「どうせできない」
自己効力感が高い人と低い人

自己効力感についてもう少し考えてみましょう。

自己効力感が低いと、「自分はきっとうまくできない」「どうせまた失敗する」などと考え、やる気が起きずに行動を起こす気力が湧いてきません。また、そうした気持ちで臨むとやっぱり結果もその通りになってしまいがちです。

逆に、自己効力感の高い人は、「できそうだ!」「自分ならやれる!」と考えていますから活動的で、ポジティブな気持ちで行動するので結果も良くなる確率が高まります。成功すればまた自己効力感が高まるので、さらにやる気が出てくるといった正のスパイラルも発生しやすくなります。

「自己効力感→モチベーション→行動→結果」というわけです。

つまり、自己効力感が高ければモチベーション上がり、それが行動を呼び、物事の成果まで決めていくということです。

この自己効力感の違いは、日常の小さな行為から人生をかけた大きなチャレンジにまで影響を与え、物事に対するその人の取り組む姿勢を決めます。

自己効力感は思い込み

さて、自己効力感の低い人と高い人、それぞれんどんなことを考えているか極端ですが具体的に例を挙げてみましょう。

自己効力感が低い人 自己効力感が高い人
私はダメな人間で、人に嫌われる。
私は勉強も仕事もできない人間だ。
私はどうせまた失敗する。 私イケてるよね!
私は勉強も仕事も結構できるよね!
私は何をやっても結局うまくできる!
ここで大事なことは、自己効力感についてはそれが事実かどうかは関係がないということです。つまり、実際に「勉強や仕事ができるかどうか」や「イケてるか、モテてるか」は関係なく、そう思い込んでいるかどうかということです。

事実は違うのにそう思い込んでるなんて「ただの勘違い野郎じゃないか!」と思うかもしれませんが、控えめで謙遜することが美徳とされる環境で育った日本人は、実際より自分がダメだと思う傾向が強く、世界的に見ても自己肯定感の低さが突出しています。
少し勘違いしてるくらいがちょうど良いのではないでしょうか。なにしろその方がモチベーションが上がります。

自己効力感を高めるには

では、自己効力感を高めるにはどうすれば良いでしょうか。
自己効力感は、主に4つの源泉によって形成されると言われており、それらにプラスの影響を与えることで自己効力感が高まると思われています。

達成体験
自分自身で成功したり達成したという体験。これが最も自己効力感を定着させるといわれている。
理経
自分以外の他者が達成している様子を観察することによって、「自分にもできそうだ」と感じること。
言語的説得
自分に能力があることや、達成の可能があることを言語で繰り返し説得されること。(言語的説得のみによる自己効力感は消失しやすいといわれている。)
生理的情緒的高揚
酒などの薬物やその他の要因について気分が高揚すること。一時的な感覚はすぐに消失してしまう。
ちなみに、自己効力感を高めるということは、自分の人生の主人公は自分だと思い出させてくれるということでもあるのです。

また最近出会いがない方に会える出会い系サイトも紹介してるので是非利用してください(^_^)
ちなみに無料ポイントが結構つくのでオススメですよ!

【 ワクワクメール】
http://550909.com/?f4778157

18歳未満はお断りしてます。

誰でもすぐできる運動能力アップ法



運動神経を良くしたい!! 

だれもが一度は考える事ですよね。 

しかし、 
運動神経を良くするのは非常に難しいです。 

それは次のような理由があるからです。 

1.DNA(遺伝)で決まるので良くする方法は無い 
2.環境、練習で決まる 

現在、最も有力な理論がこの2つになります。 

家系の遺伝で運動神経は決まるので良くすることは 
できないという考えと、日々の努力によって 
運動神経を良く出来るという考え方の2つです。 

どちらの考え方にしても、 
一筋縄ではいかないということです。 


─運動能力ならたった3分で劇的に向上させることが可能─

運動神経を良くすることが難しくても、 
運動能力を向上させることは可能です。 

しかも、 
いとも簡単に運動能力を向上させることができるのです。 

運動能力をたった3分で向上させるには、 
柔軟性を鍛えるのが一番効果的です。 

柔軟性を向上させることにより、 

■怪我をしにくい 
■体の動きが軽くなる 
■体のバネを有効活用できる 
■体の可動領域が広くなる 

このような効果が得られます。 

つまり、 
運動能力が向上しスポーツパフォーマンスも向上する 
ということです。 


─柔軟性を向上させるためにはどうすればよいか?─

柔軟性を決める大きな要因には、 

①筋肉の柔らかさ 
②周囲関節組織の柔らかさ(靭帯や関節胞、腱など) 

主にこの2つがあります。 

そして、 
即効性があるのは関節を柔らかくするという方法です。 

関節を柔らかくする方法はとても簡単で、 
効率的なストレッチを定期的にやるだけで見違える程 
柔軟性は向上します。 

ストレッチと言っても、複雑でキツイことは一切やる 
必要がなく、例えば次の画像のような動きをするだけで 
いいのです。 

胴体トレーニング基本動作.jpg

これくらいの動きなら、 
普段運動をしていない場合でも、運動が苦手な場合でも 
できますよね。 

このような簡単な動作を定期的にやるだけで、 
みるみる柔軟性は向上し、同時に運動能力も向上して 
いくのです。 

そして、 
柔軟性を向上させるトレーング方法を胴体トレーニング 
といいます。 

胴体トレーニングとは? 

「丸める / 反る」 
「伸ばす / 縮める」 
「ねじる」 

胴体トレーニングで行う胴体の動きはたったのこれだけです。 
しかもこのトレーニング方法はキツい筋トレや痛いストレッチなどは一切行いません。 
簡単な体操を行うだけでカラダを動かす気持ち良さを感じながら可動域を 
グングンと広げることができる画期的なトレーニング方法です。

可動域とは、 
肩や股関節などの「動く範囲」のことです。 
可動域が狭い人より広い人の方が自分の思い通りに体を動かすことができます。 
つまりスポーツパフォーマンスの向上に繋がるのです。 
運動をしていて自分の思ったように体が動かないと思ったことがあるなら 
それは「可動域が狭い」証拠かもしれません。 

スポーツのあらゆる「動作の質」は可動域の広さで決まります。 
テレビなどでプロのスポーツ選手が可動域の広さを披露(足を大きく開いたりする動作) 
するのは彼らのパフォーマンスの高さを示すためです。 

ではなぜ、 
胴体トレーニングが体の可動域を広げ、スポーツパフォーマンスを 
向上させることができるのか? 
その理由には「2つ」の秘密があります。 

秘密その1 
カラダの歪みを整えることで本来のバランスの良いカラダにすることができます。 
胴体トレーニングは骨格を意識しながら、骨盤、肋骨、肩甲骨などをくり返し動かすため 
カラダの歪みを整え人間本来のバランスの良いカラダにする効果があります。 

秘密その2 
人間の手先・足先を動かしている根幹は胴体です。 
「手足からパワーを出したい」「カラダを速く動かしたい」という時に 
その基盤である「胴体」が上手く使えないと手足に力を伝えられません。 

胴体が上手く使えた状態で手足を動かすのとそうでない時では一見同じ動きに 
見えますが発揮される力全く違います。 
胴体の効率的な動かし方を覚え上手く使いこなすことで、 
手足などの運動能力を最大限に引きだす、それが胴体トレーニングなのです。 

さらに、 
あらゆるスポーツの動作は胴体トレーニングで行う、 

「丸める / 反る」 
「伸ばす / 縮める」 
「ねじる」 

この3つが基本となっています。 
3つの動作をマスターすれば可動域を広げられるだけでなく、 
カラダの使い方そのものが変わりスポーツパフォーマンスを向上できるのです。 
まさに一石二鳥な革新的なトレーニング方法なのです。 

*胴体トレーニングは武道家で有名な故・伊藤昇(いとうのぼる)氏が開発した 
画期的なトレーニング方法です。 
伊藤昇氏は武道、ヨガなどに精通し「動きのプロフェッショナル」とまで言われており、 
多くのトップアスリートや歌舞伎役者が彼の元で「体の動かし方」を学びました。


─柔軟性・運動能力を向上させるには真似するのが一番─

スポーツだけに関することではありませんが、 
自己流でやるというのは好ましくありません。 

最初のうちはお手本通りに真似をするのが一番です。 

効率的に柔軟性を向上させるお手本の動作を真似して 
トレーニングすることが最速最短で運動能力を向上させる 
方法なのです。 

最も効果的なのはトレーナーの人につきっきりで指導 
してもらうのがいいのですが、時間的にも金銭的にも 
あまり現実的ではありませんよね。 

ではどうすればいいのか? 

映像を見ながらトレーニングするのが最も好ましいです。 

トレーナーが実際にトレーニング方法を実演しながら 
解説してくれている映像を見ながら進めていくのが 
最も望ましい方法です。 

また最近出会いがない方に会える出会い系サイトも紹介してるので是非利用してください(^_^)
ちなみに無料ポイントが結構つくのでオススメですよ!

【 ワクワクメール】
http://550909.com/?f4778157

18歳未満はお断りしてます。